着物のキホン

着物の基礎から学ぼう

着物買取:着物の種類と名前

着物買取に着物を持ち込むときには、自分が持ってきた着物がどういった種類のものなのか、良く知られた名前の伝統工芸品や織物、染物、作家ものなのかということを知っておくと、着物買取り額が適切かどうかということが判断しやすいのでおすすめです。

そもそも、着物買取では着物の種類ごとに大体の金額を決めていますので、よほどシミやしわなどが酷くて着用できないものでない限りは、一定範囲内の金額で買い取ってもらえます。そして、例外を除いては格の高い着物の方が高額で買い取られています。

着物の種類を格で比較してみると、比翼仕立てで家紋を入れている留袖が既婚女性の衣装としては最礼装になります。また、未婚女性の場合には振袖が最礼装となっています。これらを着用するのは、演奏会や舞台に出演するとき、近い親族の結婚式、式典などの格式のある集まりで、特に結婚式では身内は着用することがほとんどですので需要が高い着物となっています。

着物買取では、家紋が入っていることでマイナスになるのではないかと心配する人もいますが、実家の紋を引き継ぐ女紋も認められていますので、実際には紋で買取り価格が下がるというケースはほとんどありません。

次に格が高いのが訪問着で、こちらも紋を入れることがあります。柔らかい生地のものがほとんどですが、近年では紬を訪問着の柄に染めるものなども多くなっていますし、名のある作家が手がけている着物も訪問着の割合が高いため、ものによっては留袖をも上回る着物買取り額になることがあります。子供の入学や卒業式、お宮参り、七五三、初詣など着用する機会も多く、需要があります。

日常的に着用できるのが、付け下げや無地です。日常的といっても、洋服でいえばワンピースやスーツにあたる服装ですので、やや改まった食事会やちょっとしたパーティーなどに使うことができます。

さらに普段着として着用できるのが小紋で、こちらはドレスコードのあるところには着ていけませんが、習い事の練習などに通うとき、周辺を散策するときなどに着ることができますので、普段から着物を着用する習慣がある人は何枚も所有しています。

これらは一般的な知識であり、実際には付け下げ小紋や紋を入れて格をあげた無地など、色々な着物があります。一枚一枚着物に使われている絹の匁やデザインも異なりますので、実際には商品を持ち込んだ上で正式な買取り金額を査定してもらうのが最も確実です。

大島紬の買取をお考の方へ